子育て

小学校準備用品の参考に!1年過ごして分かった使いやすさ重視のおすすめ品を紹介!

早いもので、子供が小学校に通うようになり8ヶ月が過ぎました。あと2ヶ月経つと2年生なります。

くりまろ
くりまろ
休校もあったせいか、本当にあっという間でした!

夏、秋、冬と過ごす中で「これは準備しておけば良かった」「この袋物はあの素材が良かった」など、改善するところや事前準備しておけば良かったものなどが分かりました。

今回はこの春入学を控えているお子様の親御さんに贈る「使って良かったおすすめ準備用品」をまとめました。
どんなものを揃えたら良いのか悩んでみえる方の、参考になりましたら幸いです。

おすすめ用品①【撥水素材】の補助バッグ

補助バッグと上履きケースは綿生地で手作りしました。ですが今なら手作りを楽しんでいたその頃の私に伝えたい!

「汚れるし雨で濡れる!綿生地はやめといて!」

と手作りを止めさせたいと思います。

幼稚園の頃は、補助バッグはほとんど持ち歩かないし、行き帰りに少し持つぐらい。バス通園なら濡れる心配はほぼ無いでしょう。

ですが通学するようになり、行きも帰りも晴れの日も雨の日も、毎日歩いて通学します。晴れの日は良いものの、雨の日はベタベタ、雨に濡れてカバン自体が重くなり、余計なストレスになります。

撥水加工やラミネート加工など、多少の雨に濡れても大丈夫な素材、さらに中の荷物が濡れにくい【チャック式】バッグがおすすめです!

また、上履きケースも【ナイロン素材】などの綿素材以外がおすすめです。理由はズバリ!上履きがすごく汚れるから。

始めの頃【何があったの?どこ歩いたの?】と子供に訪ねたぐらい、めちゃめちゃ汚れています。綿素材のケースも汚れですごいことに…汚れが付きにくく洗って早く乾く、ナイロン素材などの上履きケースがおすすめです!

おすすめ用品②筆箱は【コンパクトタイプ】

ランドセルが大きいのでまだ困ってはいませんが、月曜日など荷物が多い日だと感じるのが、以外と筆箱がかさばると言うことです。

荷物が少ない日は良いのですが、体操服のセットや白衣など。普段の荷物に+αがあると、筆箱ひとつが邪魔になったりします。なので筆箱は【コンパクトタイプ】で、ランドセルに横に入る(教科書の上に横に置ける)サイズがおすすめです!

お子様のお気に入りや好きなサイズがあると思いますが、荷物が増えて手で持つ荷物を減らしたい場合は、コンパクトタイプの筆箱。お考えいただければと思います。

また筆箱は、えんぴつ削りがついていたり、両面開いたりなど、機能がたっぷりあるものはおすすめ出来ません。

キラキラ可愛いい・カッコいいキャラクターものなども不向きです。それはなぜか?子供が興味津々になり、授業に集中しにくいからです。

学校により異なると思いますが、入学説明会でキャラクターものは避けてくださいと明記してありました。

やはり初めての学校の授業で集中しにくい中、キャラクターものや仕掛けのある筆箱は、子供にとって楽しさしかありません。お子様や先生方のためにも、シンプルなものを選ぶのがおすすめです!

ただ実際は、キャラクターものを持ってきている子は多いです(笑)なので、お子様が学校に慣れた頃。えんぴつなん本かだけ変えてみたりして、お子様が喜んで勉強できるような、工夫がしたいですね。

おすすめ用品③【ランドセルカバー】は必須!

せっかく可愛いいランドセルを買ったんだもの!ランドセルカバーなんて付けたらもったいない!と、始めのうちは思いましたが、梅雨入りし考えは一変。

【ランドセルカバーは必須!】

が今の感想です。雨の中帰宅すると、ランドセルカバーが無ければ雨に濡れベタベタになります。

学校が近いため、帰宅後タオルで拭けばすぐに乾く程度ですが、距離があるならあまり長時間濡れていると、中の教科書に染みてしまったりしては大変です。

やはりランドセルカバーで雨を防ぎ、帰宅後はカバーをタオルで拭けば安心です。

ランドセルメーカーの方に聞いたお話ですと、刺繍が施してあるランドセルは、長時間雨に濡れると刺繍から雨が染み込んでしまう可能性が…!!

学校からランドセルカバーの配布予定が無ければ、雨以外にも普段のキズ・汚れ防止にもなりますので、ランドセルカバーおすすめです!

またランドセルカバーは、ランドセルの全体を被うフルカバーのものと、ランドセルのかぶせ(背あての反対側)だけを被うカバーがあります。1年生など小さなお子様にはフルカバータイプは付けにくいので、簡単なかぶせだけを被うカバーがおすすめです!

おすすめ用品④傘は【透明窓】があるもの

雨の中、通学・帰宅する時に使う傘は可愛さカッコよさより安全性に優れたものがおすすめです。特に傘に慣れないお子様には前が見える、透明窓がある傘にすると安心です。

中が見えないものでは、前方が見えず子供同士の衝突や事故の原因になりかねません。見やすい・歩きやすいように【透明窓】もしくは全体が透明のビニール傘にすると安心です。

透明のビニール傘は可愛いい・カッコよくない!と言う場合は、今はビニール傘用のステッカーなども売っていますので、見える部分は残しつつ、素敵なデコレーションでお子様と手作りするのも良いですね。

また傘は丈夫で壊れにくいものが安心です。特に先はどうしても杖代わりにして帰ってきて、ボロボロなりますいです。

実際わが子の傘は、先だけボロボロになっていて、他はきれいなままなので、先だけ変えれないかな?と考えています。

強風の日にお友達の傘がひっくり返って壊れちゃった!との話も度々聞いたので、透明窓があるものと合わせて、出来るだけ丈夫なものを選ぶのがおすすめです!

おすすめ用品⑤ガーゼマスクは肌に優しい

我が子は毎日ガーゼマスクで通学しています。ただ始めは不織布マスクを使っていました。ですが、あるとき。鼻の下が赤くアザのようになっていました。原因が分からず困っていてふと思ったのは…

【不識布マスクが擦れて出来たのでは?】

と。早速ガーゼマスクに変え数日様子を見ていると、綺麗サッパリ。アザも無くなり、何より子供が「苦しくない!」と喜んでいました。

また夏場の暑い時期のマスクは熱中症になりやすいと知り、我が子のかぶれもあってからは、少しでも息苦しくなく、肌に優しいものをと思いガーゼマスクに変えました。

夏場の熱中症対策にももちろん。呼吸が楽になるので、お子様の通学用に【ガーゼマスク】準備しておくと、安心です。

ただ先日テレビでマスクの交換頻度について聞いたところ、1日2枚使用が目安。とのことでした。そう考えると、不織布マスクを1日2枚用意して、朝1枚つけて行き、給食の際に予備の1枚と交換すると衛生的に良いなと思いました。

ですが現実問題、毎日2枚ではわが家は経済的に辛いので、今はありませんが例えば遠足などで学校外に出掛ける時や、行事などでどうしても密集しやすい時など。

ウイルスが普段より付きやすい時に、不織布マスクを利用すると良いなと思いました。お子様の肌や体調、状況に合うマスクで、健康を守りたいですね。

おすすめ用品⑥肩の痛み解消!【肩のベルトカバー】

まだまだ教科書が少ない1年生。ですが、ランドセルが比較的重いせいか、数週間過ぎた頃から「肩が痛い」と話すことが多くなりました。

そこで通販で「肩ベルトカバー」を購入し着けてみると、効果抜群!

「肩痛くない!楽だよ!」とご機嫌にランドセルを背負うようになりました。

通学が始まりお子様の様子を見てからで大丈夫ですが、ランドセルが重たくて辛いようであれば「肩ベルトカバー」検討してみると良いかもしれません。

ちなみにわが家は写真にあるメッシュタイプの肩ベルトカバーを愛用していますが、肩が痛くないのはもちろん。洗濯機で洗えて衛生面も安心なのがお気に入りポイントです!

肩ベルトカバーがあることで、ランドセルを持つ時も楽なようで本人もお気に入りです。カラーのラインナップも通販でいろいろあるので、お子様のランドセルの色に合わせて、選ぶのも良いですね。

おすすめ用品⑦汗ベタベタ解消【背中汗取りパッド】

汗っかき・肌が弱い我が子。休校の影響で真夏に通学すると分かった時注文をしたのが【背中汗取りパッド】

今はランドセルの背中部分が、通気性の良い生地で作られているものもありますが、残念ながら我が子のランドセルは【通気性の良いもの】ではありませんでした。

なので後付け簡単な汗取りパッドを着けたところ、真夏の暑い日も背中はベタつかず、快適なようです。

実際子供の背中にあせもが出来てしまった!と話すお母さんもみえたので、通気性が気になるなら汗取りパッドひとつあると、あせもは出来にくいかもしれません。

また補足になりますが、洋服は通気性の良い。吸汗速乾性に優れた洋服だと更に良いと思います。少しの工夫でお子様の快適な学校生活になるので、宜しければご参考ください。

まとめ

  • 補助バッグ、シューズケースは撥水・ナイロン素材がおすすめ
  • 筆箱はかさばらないコンパクトでシンプルなものを
  • 安全性重視で傘は透明窓がある丈夫なものを
  • 雨、傷汚れ防止に、ランドセルカバー
  • プラスαで、肩ベルトカバーや背中汗取りパッドは個人的におすすめ!

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

お気に入りの用品で、素敵な学校生活になりますように☆