ライフ

マイナンバーカード保険証切り替え時の手続きは必要?実際に問い合わせて確認した注意事項

マイナンバーカードのポイントにひかれ、ついにマイナンバーカードを申請しました。

今まであまり興味が持てず、申請しないままでしたが、申請したからには一番利用しそうな「保険証」について気になりました。

今回はふと疑問に思った

「保険証が切り替わる時のマイナンバーカード手続き」

について、ご紹介します!宜しければご参考ください。

※マイナンバー総合フリーダイヤル(0120-95-0178)で確認した内容ですが、不備がありましたら、ご教授いただけると大変助かります。

マイナンバーカード総合サイト

マイナンバーカード保険証切り替え時の手続きは必要?

ズバリ結果からお話しますと

「マイナンバーカードの手続きは不要」

でした。ただし「マイナンバーカード」の手続きは不要ですが、現在の社保や国保の「保険証」が切り替わる時の手続きは従来通り必要です。

マイナンバーカードの保険証利用は、あくまで従来の「保険証」があってこそ利用ができます。

なので転職や退職など保険証が切り替わる時は、従来通り必要な手続きを行い、マイナンバーカードはそのまま手続きはせず利用することができます。

「マイナンバーカードが保険証代わりになるなら、もし保険証が切り替わることがあっても手続きいらないよね!便利!」

なんて甘い考えでしたが、事前に知ることができて良かったです(汗)

マイナンバーカード保険証切り替え時の受付はできる?

では、保険証の切り替え時に病院などで「受付」はすることができるのでしょうか?

実は保険証切り替え時に空白の時期(保険証がない時期)があっても、マイナンバーカードがあれば、

「病院で受付をすることは可能」

ということが分かりました。よく父の仕事の都合で保険証が切り替わり、手元に保険証が無い時期がある!不安!という母に朗報だわと思っていました。

ですが、よくよくお聞きすると、あくまで「受付は可能」ということなので、緊急時は致し方ありませんが、やはりマイナンバーカードの保険証利用は、従来の保険証あってこそ。

なので「保険証」が無い場合は、負担額が…!!全額負担になります。

マイナンバーカード保険証切り替え時の注意事項!

こちらが今回一番お伝えしたいことかもしれません。

保険証切り替えが遅れたりして、保険証が無い場合。それでも病院で「受付」はすることができますが、その場合の支払い負担額は

「全額負担(10割負担)」

になります。よく考えれば、従来の保険証も忘れてきてしまうと、その日の支払いは「全額負担」になりますよね。

なので、受付は済ませれても「保険証が無い」時は、従来の保険証が無い時と同様に「支払いは全額負担(10割)」ということを、注意事項として覚えておいて頂けたらと思います。

後程保険証と同様手続きをすれば、通常の負担額の差額が返ってくるとはいえ、その場で全額負担は中々ドキドキしますよね。

通院していて日頃の診察代が分かるなら予想もつきますが、突発的な怪我や不調時の診察代はわかりませんよね…。

「保険証とマイナンバーカードはセット」

と覚えていただき、マイナンバーカードを保険証代わりとして、便利に使いたいですね。

まとめ

今回の記事をまとめると、このような形になります。

保険証切り替え時のマイナンバーカードについて

マイナンバーカード

  • 切り替え時→手続き・返却も不要
  • 病院での受付→保険証切り替え時で無い場合も可能
  • 支払い負担額→保険証切り替え時で無い場合は全額負担(10割)保険証があれば通常負担額。

保険証

  • 切り替え時→手続き必要。従来通り。
  • 病院での受付→受付は可能だが後日の確認等必要。
  • 支払い負担額→保険証切り替え時で無い場合は全額負担(10割)保険証があれば通常負担額。

マイナンバーカードを保険証として利用するには、従来の保険証があることが必須。