片付け

【ヒルナンデス!】整理収納アドバイザー1級親子に学ぶおすすめ「片付け術」

3月9日の「ヒルナンデス!」で紹介された、整理収納アドバイザー1級を親子でお持ちになっている清水さんによる、「片付け術」のご紹介です。

なんと清水さんのお嬢様は、13歳の史上最年少で整理収納アドバイザー1級を取得されたすごい方です!お家の整理に関するアドバイスもされているということで、心から尊敬します。

私は数年前に「整理収納アドバイザー2級」なるものを取得しましたが、本当に「基礎」のみを家に反映しているだけで、中々工夫が出来ていないので、今回の整理術はまさに「目からウロコ」でした。

やはり「代用収納の達人」の名の通り、特に印象的だったのは様々な整理収納を本来の使い方とは別のもので代用するという「代用収納」が素晴らしいと思いました。まずは始められるところから、今回の片付け術を参考に整理を行い、お家時間をますます快適にしたいですね。

【ヒルナンデス!】整理収納アドバイザー直伝片付け術「玄関収納」

まず玄関から片付け術のご紹介です。清水さん家の玄関はテーマがありました。それが

「使う場所に使うものを収納する」

とても便利で納得のテーマです。ではどのように収納されているか、詳しく見ていきましょう。

【マスクケース】

意外と物が多くなる玄関をどのように皆さんはマスクケースを使っていますか?

わが家は箱のまま取り出していますが、箱を開ける・取り出す・箱をしまう。この3ステップ、忙しい朝だと結構大変だったりします。

ですがマスクケースはあるもので代用ができます。それが

「ビニール袋ケース」

Seriaのプルアウトボックス ロング110円の商品をマスクケースに代用されていました。

本来はポリ袋などを収納するケースですが、お嬢さんのアイデアでこのケースに「ちょうどマスクが入るのでは?」と考えられたことでマスクケースになったそうです。

入れてみるとジャストフィット♪

さらに出掛ける時にサッと取り出せるよう箱の裏に100円の強力マグネットを裏側に付けるだけで、玄関に貼り付ける一工夫をされていました。これはとても便利ですね!

【折りたたみ傘】

続いて玄関によく置いてある折りたたみ傘は、こんな意外なもので代用されていました。

「缶ストッカー」

本来だったら缶ビールなどを冷蔵庫に収納するためのアイテムですが、清水さんは折りたたみ傘入れに代用されていました。

こちらはダイソーの缶ストッカー110円です。取っ手もついているので、取り出しやすく便利ですね!

わが家は折りたたみ傘は、玄関棚の上に無造作に置いてあるので、奥に入り込むと見つからず、無くした!と騒ぐことが多いです。

でもそんな私でも、見やすく取り出しやすい缶ストッカーできちんと収納できそうです。

専用ケースがなくても代用品でキレイに整理してみせる「プロの技」が光っています。勉強になりますね。

【印鑑】

さて、玄関にあると便利なものと言えば、「印鑑」も忘れちゃいけません。宅配便が来た時に、直ぐに取り出して判子を押せれば、お互いスムーズに対応できますよね。

現在我が家は引き出しにしまってありますが、直ぐに。とは取り出せず、ここだったかな?あれどこにしまった?なんてことも度々あります。なので結局サインになっています。

ですが、清水さんのお家の印鑑は

「マグネット収納」

になっています。玄関の靴棚の柱に補助用プレートがあり、100均にある強力なマグネットの小さなものを印鑑にボンドでくっつけて、その印鑑をプレートに貼り付ける収納をしてみえました。

大切な印鑑を人目につくところには置きたくないので、玄関の靴箱など扉の中に収納できるのは、すごい工夫だなと思いました。これならば直ぐに見つかりますし、なくしにくくて便利ですね。

と、ここで清水さんから格言が

「探し物は整理収納すれば探す時間を減らせます!」

私にとってはすごく深い格言です。探し物に時間を取られる時も多いので、少しずつ今回の代用収納を生かしたいと思います。

【ヒルナンデス!】整理収納アドバイザー直伝片付け術「キッチン収納」


キッチンにもテーマがありました。それは

「キッチンはコックピット収納」

始め「どういうこと??」と頭が混乱しましたが、その収納技に納得です!キッチンに置いてあるものは「しゃがまなくても取れる」ようになっていました。

そしてその様子は、コックピットに似ている(全部手に届く範囲にあることから)ので「コックピット収納」と名付けられたようです。

ではその収納技を順次見ていきましょう!

調味料

ごちゃごちゃしやすく、ついコンロ周りに置きがちな「調味料」は、シンク下の棚裏に浮かせて収納されていました。その他にもキッチンでよく使う「フキン」「タオル」「計量器」「鍋敷き」なども、シンク下の棚裏に浮かせて収納されていました。その「浮かせる収納」を実現させているアイテムが

「ワイヤーネット・ワイヤーラック」

です。100均で販売されているこちらの商品を棚裏に付けて、浮かせる収納をされていました。さらにフキン・タオルを収納していたケースは

「デスクラボ メールボックスL」

Seriaから発売されている「デスクラボ メールボックスL クリア」で代用され、さらにCan★Doのドアポケット用仕切りでケース内を分ければ、出し入れしやすい収納の出来上がりです。

調理器具

調理器具も一切外には出ていない収納、どのように収納されているかと言うと

「ストッカー収納」

無印良品の奥行きが深い「ポリプロピレン追加用ストッカー・浅型」690円の品を、調理器具入れとして使用されていました。奥行きが深いため、お玉や泡立て器などの長い調理器具もスッキリおさまっていました。

保存用袋

では、食品やお肉・お魚など収納することも多い「保存用袋」こちらはそのまま箱の状態でしまってみえる方も多いかと思いますが、清水さんのお宅ではスッキリと

「ダストボックス」

に入れて収納されていました。現在は残念ながら販売されていませんが、無印良品の木製ごみ箱・角型に保存用袋を入れ棚に置き、斜めに傾けるだけで直ぐに取れるよう工夫されていました。

こちらには保存用袋だけではなく、ラップなど細長いもの・料理本も収納されていました。

また保存用袋には一工夫されており、「購入した時の箱をカット」して取り出しやすくされていました。作り方は簡単で、保存用袋はあえて切り取り線であけずに、上から4分の1程度でカットするだけ。それだけで上から見たときに、袋のサイズがわかりやすいのでこの一工夫でとても便利になりますね。

液体調味料

まとめて並べておくと、どれがどの調味料か分からなくなる時がありませんか?意外と大きさや形似ている、「オリーブオイル」と「ごま油」で私は悩んだりするのですが、清水さんのお宅では、こちらにも一工夫。

「ラベリング」

引き出した時に上からパッと見られるように、調味料のふたのところに100円シールとテプラ(名前シール)を使って「ラベリング」されていました。くれぐれも「ペン」などの直書きにせず、触っても文字が落ちない「テプラ」などで付けてください。(佐藤栞さんのペンで書いたら「消えちゃうの」の言葉に深くうなづいてました。私も体験者なので)

カトラリー

まだまだ収納技は止まりません!みんなが使う「カトラリー」こちらも意外なもので代用収納されていました。それが

「ペンスタンド」

Seriaのデスクラボ タワーペンスタンド クリア110円の商品を、本来縦で文房具に使うものを、あえて横にして使い代用収納されていました。小分けのケース自体が斜めになっているので、スプーンなども楽に取り出せるのでピッタリだと思いました。

【ヒルナンデス!】整理収納アドバイザー直伝片付け術「食器棚収納」

食器棚。普通ならないと困るところですが、それさえも代用収納でなんとかしてしまう清水さん親子に驚きと尊敬です。

最近使っていないお皿などを処分したところ、食器棚を手放しお皿をキッチン上の棚の中に

コンパクトに収納されていました。その収納方法が

「ファイルボックス」

無印良品の「ポリプロピレンスタンド ファイルボックス・ワイド」690円を大皿入れに代用収納されていました。清水さんのお宅では滑り止めシートをファイルボックスの中に敷いて、お皿が落ちてこないよう工夫されていました。

そしてポイントは、お皿の向き。普段お皿を収納する時、大きなお皿を下にして上に小さなお皿を重ねませんか?そうすると大きなお皿を取り出す時、一度小さなお皿を持ち上げて、それから大きなお皿を・・・と手間がかかりますよね?

そこでお皿をファイルボックスに立てて収納することで、そのような手間が省けワン・アクションで楽に取り出すことができます。

よく使う大きめの平皿はファイルボックスに入れ取り出しやすいように下段に収納がおすすめとのことです。

そして上段の棚には使う頻度の低い、グラタン皿などをこちらのケースに収納されていました。

「ハンドル付きストッカー」

KEYUCAの「ハンドル付きストッカー浅型」786円、こちらは上段からでもスッと取り出せるよう取っ手が強いものです。

こちらの取っ手付きのストッカーのお陰で、小柄な清水さんも、上段のケースが直ぐに取り出せるので便利とのことでした。

整理収納アドバイザー代用収納クイズ

とここで、お嬢さんから代用収納のクイズがありました。100円グッズを使用して簡単に代用収納できるので、とても勉強になりました!宜しければお付き合いください。

【第1問】名刺ケースを超便利なヘアピンケースに変身させる100円グッズは一体何でしょう?

【正解】マグネットシート

マグネットシートを名刺ケースの大きさに切り入れるだけで、マグネットにピンがくっついて、ずれることなく収納できます。片方にピンを並べて置いて反対側にヘアゴムも入れることができるので、お出掛けの時に便利ですね!

その他にも「裁縫セット」なども安全にしまうことができるので、持ち運びもコンパクトで便利だと思いました。

【第2問】電化製品のコーⅮを簡単かつきれいに収納できる100円グッズとは一体なに?

【正解】タッセルフック

タッセルフックを家電の側面に「縦並び」で付けます。そしてコードをタッセルフックに交互にかければ、あっという間にキレイに収納できます!

【ヒルナンデス!】整理収納アドバイザー直伝片付け術「水回り収納」

汚れやすい水回りの収納も、清水さんのお宅では「浮かせる収納」で掃除しやすい収納にされていました。順次ご紹介します。

洗面所

例えば「歯ブラシ」「コップ」など、水が付きやすいものは浮かせて収納することにより、水切りもよくなるし、そのまま掃除もできるので楽な収納になっているとのこと。

そしてハンドソープは「オテル 泡 ソープ ボトルホルダー」1650円の商品を、また歯ブラシは「Seria フィルムフック 歯ブラシフックホルダー2P」110円、コップは「Seria フィルムフック コップホルダー」110円、歯磨き粉は「Seria キッチン用 チューブホルダー」110円で収納されていました。

浮かせる収納にすることで、ストレスフリーに掃除が出来てみえるそうです。

トイレ・洗面所ゴミ箱

トイレも収納棚がないと、掃除道具なども直置きになってしまいますよね?そんな問題を解決したのが

「つっぱり棒」

つっぱり棒を二本置き、その上に掃除道具のケースなどを置くことで、物を持ち上げながら掃除することもなく、簡単に床掃除もできます。またこちらの「つっぱり棒」と「ブックエンド」を使うことで、洗面所横の隙間に「ゴミ箱」を浮かせて収納することもできます!

まずは「つっぱり棒」を壁に沿わせて貼り、「ブックエンド」を「つっぱり棒」に引っ掛ければ完成です!驚きの方法でした。真似したい!

また「つっぱり棒」以外で拭き掃除を楽にする方法が、

「キャスター」

トイレに置く小さなゴミ箱の裏に、「キャスター」を付けるだけで転がして移動させサッと拭き掃除ができるので簡単です!こちらのキャスターは「ダイソー ピタッとキャスター」110円の商品でした。

そして最後に憧れの格言が。毎日ちょこちょこ掃除をされるため

「大掃除が必要ない」

人生一度でいいから言ってみたい格言をいただきました。

清水さん親子に学んだ「片付け術」で、家をキレイに保ちたいですね!

まとめ

  • 玄関は「使う場所に使うものを収納」して、手間を省く。出掛ける時に使う「マスク」急な宅配便にもこまらない「印鑑」もひと手間でスムーズに使える。
  • キッチンは「コックピット収納」手に届く範囲にしゃがまず取り出せる工夫で使いやすくする。お皿も立てて収納し、取り出しやすくする。
  • 名刺ケース+マグネットシートでヘアピンケース、タッセルフックで電化製品のコードがスッキリ収納できる。
  • 水回りは徹底的に「浮かせる収納」掃除がしやすくなり、時間も短縮できる。「つっぱり棒」「キャスター」も活用し、床掃除も楽々できる。