おすすめ

【バゲット】「無印良品」のレトルトカレーベスト5!簡単アレンジレシピも紹介します!

3月4日の「バゲット」気分が上がるランキングで紹介された、「無印良品」の人気レトルトカレーTOP5の紹介です。

昔から無印良品のレトルトカレーは人気ですが、まさか担当者の方は本場のインドやタイまで足を運び、カレーを研究されているとは驚きでした。

現地の料理人からアドバイスを受けたり、1日7食のカレーを食べ歩きもされ情熱をかけてみえるからこそ、とても美味しいレトルトカレーが発売されるんだと知り、感動でした。今も新作を開発中とのことで楽しみです!

今回は「バゲット」の調理を担当される、フードコーディネーター木田マリさんが教えてくださった簡単アレンジレシピも紹介します!(一部のレトルトカレーになります)

宜しければ魅惑のカレーの世界へご一緒にどうぞ!

【バゲット】で紹介の無印良品おすすめレトルトカレーベスト5「辛くないグリーンカレー」

無印良品オンラインショップより引用

グリーンカレーと言えば、無印良品で一番辛いと人気の商品ですが、こちらは名前の通り「辛くないグリーンカレー」です。

グリーンカレーが辛さレベル5に対して、辛くないグリーンカレーは辛さレベル0とお子様でも食べれるカレーになっています。

ですが見た目はグリーンカレーのように青唐辛子の色らしい「緑色」ですが青唐辛子は一切使っていません。ではなぜ緑色?と疑問に思ったところ、解説に納得!「ほうれん草」「小松菜」で色付けすることでグリーンカレーの緑色を実現しています。野菜が加わりヘルシーさもプラスされているのが、嬉しいですね。

さらにニンニク・数種類のスパイス・エビを使用することでこれまで以上に奥深いうま味を出すこだわりぶり!。

辛い物が苦手な私には縁のないカレーでしたが、辛くない上にヘルシーなグリーンカレーなら食べてみたいです!

辛くないグリーンカレー  350円(税込)

【バゲット】で紹介の無印良品おすすめレトルトカレーベスト4「ドライキーマ」

無印良品オンラインショップより引用

あまり煮込まず作れるので、私も助かる子供も大好きなキーマカレー。こちらのキーマカレーは、ショウガを効かせたキーマカレーで少し大人向けですね。

辛さレベルは4と、グリーンカレーよりは辛さ控えめですが、たっぷりの牛挽き肉にトマトとリンゴの甘みを加え、数種類のスパイスとショウガで奥行きのある辛さに仕上げています。

現在無印良品では5種類のキーマカレーを販売していますが、中でもジンジャーキーマカレーは水分が少ない分アレンジがしやすく、チャーハンやパスタにもよく合います。

カレーチャーハンはよくお家でも食べますが、パスタは初耳だったので、今度チャレンジしたいです。

さらにランチにもピッタリなレシピはいかがでしょうか?

キーマカレーアレンジレシピ

「タコライス」

【作り方】

  1. ご飯にレタス・トマト・シュレッドチーズ(生食用)をちりばめる。
  2. ドライキーマを乗せる

ジンジャードライキーマ 350円(税込)

【バゲット】で紹介の無印良品おすすめレトルトカレーベスト3「スープカレー」

無印良品オンラインショップより引用

チキンとごろごろ野菜がたっぷり入ったスープカレーがランクイン入り。辛さレベルは4とこちらもピリ辛。野菜を沢山食べたい人におすすめのスープカレーです。

野菜不足にダイエットにもありがたい、野菜がたっぷり摂れるスープカレーの具は、じゃがいも、ヤングコーン、鶏肉、うずら卵、人参など種類豊富な具材がごろごっろっと入っています。普段食べるレトルトカレーは、比較的具が小さいイメージですが、ごろごっろっと大きめなのが食べ応えもあり嬉しいですよね。

またその他の具材として出汁には昆布も使用されています。個人的には「カレーに昆布って合うのかしら?」と疑問なんですが、昆布のうま味が効いたスープが具沢山のカレーを美味しくまとめているとのこと。是非食べてみたいです!

チキンとごろごろ野菜のスープカレー(一部店舗の扱い)490円(税込)

【バゲット】で紹介の無印良品おすすめレトルトカレーベスト2「レッドカレー」

無印良品オンラインショップより引用

先程無印良品で一番辛いのは辛さレベル5のグリーンカレーと言いましたが、実は2020年、さらに辛い無印史上最も辛いカレーが誕生しました!それが「レッドカレー」

こちらのレッドカレーは辛さ5を飛びぬけた辛さレベル6!

本場タイのレッドカレーを忠実に再現するため、食べた時にガツンと辛さがくるよう赤唐辛子を大量に使用しています。

ただ辛いだけ?と思いましたが、具材には牛肉・レンコン・インゲンと食べ応えもバッチリです!仕上げにココナッツミルクを入れ、辛さの中にもコクがあるカレーです。

さらにタイ料理にはかかせない「レモングラス」と「カフィアライムリーフ(こぶみかんの葉)」ハーブを使用することで、後味もさわやかに仕上がっています。

食欲がない時も一気に食べられる辛さとさわやかさがマッチした、レッドカレーです!

素材を生かしたカレー レッド 350円

【バゲット】で紹介の無印良品おすすめレトルトカレーベスト1「バターチキンカレー」

無印良品オンラインショップより引用

進化し続ける不動の人気カレー。やはりこちらが栄えあるベスト1に輝きました。「バターチキンカレー」私も大好きです!

年間500万食以上売り上げる販売数量第1位の、酸味と甘みが絶妙なバターチキンカレー。2009年の発売から今日まで、実に4度リニューアルされていたこと。ご存知でしょうか?

本場インドのバターチキンカレーにはかかせない「カスリメティ」というほのかな甘みが特徴のスパイスが2014年に加わり、「ギ―」というバターを煮つめて純粋な油分を抽出したものを2016年に追加し、より深いコクを出しています。

現在のバターチキンカレーは2019年にリニューアルされたもので、使用するトマトを日本・ポルトガル・オーストラリアの3種類に増やしたことで、甘みうま味がさらに向上しました。

こちらのバターチキンは「ナン」で食べるのが相性抜群!もちろんご飯にも合いますが、アレンジレシピでさらに美味しくいただいてみては、いかがでしょうか?

バターチキンカレーバゲットおすすめアレンジレシピ

  1. 「チーズカレートースト」パンの上にバターチキンをぬり、その上にチーズ・卵黄をのせる。
  2. パンをオーブントースターに入れてチーズが溶けて黄身に火が少し入るぐらいで止める。

素材を生かしたカレー  バターチキン350円

まとめ

  • 人気のグリーンカレーと辛くないグリーンカレーで、家族でタイカレーを楽しむことができる。
  • 水分少なめのジンジャーキーマカレーはアレンジも自在。「バゲット」おすすめアレンジは「タコライス」
  • スープカレーは野菜がゴロゴロ入って具だくさん。昆布のうま味がカレーに一体感を出している。
  • レッドカレーは辛さレベル6。赤唐辛子だけではなく、具とココナッツミルクでコクも出している。
  • 販売数No.1の バターチキンカレーは4度のリニューアルで進化し続けている。「バゲット」おすすめアレンジは「チーズカレートースト」
「カルディ」で買える韓国グルメバゲット厳選ベスト5!カルディ店長のおすすめ食べ方も紹介!3月2日の「バゲット」気分が上がるランキングで紹介された、おうちで楽しむ「カルディ」韓国グルメの紹介です。 昨年6月にオープンされ...